ホーム

メインメニュー

トピックパス

ホーム> IT白書

IT白書2011/2012年版

商品詳細
IT白書2011/2012年版


発行日: 2012年8月6日
ISBN: 978-4-901586-62-7
ページ数: A4判214ページ
価格: 39,900円(税込み)

 

 大転換の時代−東日本大震災・原発事故とITビジネス
                           及びIT土俵の現状と開拓 ―

 勝者と敗者が浮き彫りになる勝負の世界は厳しい。瞬時に勝敗が決し、引き分けがなく、土俵に君臨するのは横綱1人という相撲の世界はとりわけそうである。
 事業力に差がつくのが早く、わかりやすく、かつ1人勝ち傾向が強いという点でITビジネスと相撲は相通じる面がある。パソコンのOSではその土俵(市場)にマイクロソフトが大横綱として君臨し続け、液晶土俵では横綱サムスンがかつて横綱だった日本企業を土俵際に押し込んでいる。横綱と平幕の差のごとく、歴然とした力の差を隠せないのもITビジネスである。また、裸一貫で勝負する力士同様、特にITベンチャーは自らの力のみを頼みに伸し上がる下剋上が当たり前の世界である。
 当「IT白書2011/2012年版」は、前回の2010年春夏号に続くシリーズ第18弾である。主に2010年秋〜2012年春時点の期間に起こったITビジネスの最新動向を中心に編集した。今回の副題は「大転換の時代−東日本大震災・原発事故とITビジネス及びIT土俵の現状と開拓」である。
 前述のようにITビジネスと相撲は共通イメージがあると考え、T章においては「IT土俵」の切り口を加えて副題に沿った整理・分析を行い本稿の総括とした。「IT土俵」とは“IT企業・ビジネスの戦いの場(市場・商品・サービス)”を比喩的に表現したものである。U章は11大分類39中分類70以上のビジネスタイプに区分し、100を越える最新かつビジネスヒントの創出に役立つITビジネス事例を吟味し収録した。そして、V章とW章は最近時の成長ベンチャー及び大手IT企業の動向をとりまとめ、全体としてIT潮流を一望できる資料とした。
 本文の構成は以下の4章立て。
  T.大転換の時代−東日本大震災・原発事故とITビジネス
     及びIT土俵の現状と開拓
  U.ITビジネスケーススタディ
  V.最近時の新興市場上場IT企業一覧
  W.大手IT企業の戦略ポイント
 


目次

 

返品の条件

1.商品の交換又は返品は受け付けないものとします。

2.1に拘らず、商品の破損等弊社に原因のある不良商品、又は注文と異なる商品が
  到着した場合のみ、交換・返品の受け付けをします。
  この場合、購入者は商品到着後1週間以内に弊社に通知するものとし、
  弊社は良品の注文商品と交換します。
  但し、当該商品の返送及び再送に要する送料等は、弊社にて負担するものと
  します。

販売価格:39,900(税込)

(税抜 36,945)

数量

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
20199
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
201910
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 今日    定休日    イベント